しゅーわの気まぐれ日記

俳優≪鈴木秀和≫の個人的な日記や活動状況などの報告です
あらまぁ
急に時間が空いた、予定がいきなり吹っ飛んだのだ。
連絡ミスで俺だけ聞いていなかったようだ。準備をそろそろしようとしていたときなので、さほど影響はない。
しかし久しぶりに時間がぽっかり空いた・・・やることが思い浮かばない。
やらなければいけないことは山ほどあるが、いきなり予定が空くときは、なぜか何もやる気にならない。
ボーっとテレビを観ながら時間をすごしてみた。
・・・・・・さして興味を引く放送もしていない。その業界で生きていこうという私には、致命的だな。

年賀状のレイアウトを考えているのだが、なかなかネタが思い浮かばない。
今年は行動が地味だったからなぁ。
来年はちょっと派手にいきたいと思っているので、年賀状から始めてみよう

来年年始の挨拶が届きましたら『あぁこいつはこんなことやるつもりなんだ』なんて思ってみてください。
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 23:48 | - | trackbacks(0) | -
ご立腹
ここ最近非常に腹に据えかねる出来事が多い。
公の場に書くこともできない内容が多いので、ひたすら耐えるしかない状況である。
さらに困ったことにその原因たるや事を起こしている本人はほとんど気づかず何気なく当たり前のようにとっている行動に対して、私が腹を据えかねていると言うことだ。

あまりの腹立たしさに、思わず机をひっくり返したり、壁を殴り破っているなどという妄想に浸ることがあるくらいだ。(妄想ですむところが情けない・・・)

かくゆう自分も何気に人にそんな思いをさせていることもあるのであろうから、気をつけなくてはならない。

唯一言言えるのは、私は独りよがりに周りを無視して、自分が楽をすることはないし、人のプライドを無神経に傷つける事などしない。しかも権力を行使して・・・

何の事なのかこれを呼んでいる人は判らないだろうが、仕方ないと思ってください。
唯の愚痴ですから。

| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 23:35 | - | trackbacks(0) | -
師走ですねぇ〜〜
早今年も最後の月となってしまいました。なんとなく今年を振り返って見たりなんかしたくなる今日この頃ですが、つい先日は爆弾低気圧とかの所為でいきなり12月にもかかわらず20度を超えたりなんかして、気分もへったくれもないな。なんて感じです。
それでも、この一年何してきたかななんて少し考えてみることにしよう。

ん〜〜ん〜〜〜〜ん〜〜〜〜〜〜〜〜

ひたすら自分を磨くために使ってきたな。10年ぶりに復活したジャズダンスは、肉体的老化と戦いながらも順調に感を取り戻してきているし、今年始めたタップは久しぶりに習うことの楽しさを教えてくれた。

ひたすら、拒んできた講師などと言うものにも手を染め、人に何かを教えることの難しさに四苦八苦したり。

今まで、何気に避けてきた(ような気がする)良い物をたくさん見に行く機会に恵まれ、新たな刺激と、自身になったりもした。

とにかく気がついたら、今年は地固めに徹した1年だったような気がする。

さて来年は・・・
正月になってから日記に書こう。

残り1ヶ月、目に見えているのは数多くの忘年会、さて一気に今年を飲みつくすぞ!
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 00:36 | - | trackbacks(0) | -
暇がない
うおーーーーーー
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 03:10 | - | trackbacks(0) | -
のほほんな日々
昨日の中越地方を中心に襲った大規模な地震、今日も断続的に比較的大きい自身が続いているようです。

幸い新潟地区に知り合いは居らず、大きく気をもむこともありませんでしたが、阪神淡路大震災などを思い出すような、地震でした。
台風のラッシュといい今年は天変地異に見舞われているこの日本。
環境破壊が目に見える形で表れだしているような気がしてならない。何ができるというわけではないが、日々の生活習慣から改めるべきなんだとなんとなく認識している。

まずは自分からだな。
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 23:50 | - | trackbacks(0) | -
雨が続きますねぇ
先週末から降り続いている雨がまだ降っている。
何か久しぶりに雨らしい雨が降っているような気がする。つい2週間ほど前の雨は台風につれてこられた、いやな感じの雨だったが、ここ最近降っている雨は、あまりいやな気がしない。
普段バイクで行動しているわけなので、こう振り続けるとさすがに乗る気になれない。そんなこんなでこの3日ほどは電車で動いている。
しかし電車というものは好きではなく(というより人ごみが好きではない)結局少しの移動距離なら雨の中歩いてしまう。
この3日でかなりの距離を歩いている。
そこで気づいたことは、人間歩くという基本動作は本当に大切だということだ。
毎週いろいろな形で体を動かしてはいるのだが、バイクに乗っている所為で確かに歩いていなかった。それが久しぶりに、しかも急激に沢山歩くと弁慶の泣き所にあたる筋肉が突っ張って少し筋肉痛になっている。
しかし、始めは少々違和感のあった長距離の歩行も今は違和感なく体が素直に歩く動作を行っている。
足の裏の接地感もかなりの違いがある。おかげで、なんだか気分まで落ち着いてきているようだ。

普段の生活パターンに慣れ過ぎてこんな基本的なことすら疎かにしていた自分に少々驚いている。

バランスの良い体と精神を保つにはまず歩くということがこんなに大切なのだと感じた、雨に感謝しよう。
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 00:10 | - | trackbacks(0) | -
ダンスな一日
今日は毎週恒例のジャズダンスのレッスン日。いつものようにスタジオに続く階段を下りていると、煙にまみれ怪しい集団が・・・よく見るとそれは先生と先生とは古いつながりの、元東京キッドブラザース関係の皆様でした。

まぁいつものことなのではありますが、皆爽やかな顔をしているのに、雰囲気はとっても不健康な方たちです。
まったりとしている横を通り過ぎ、スタジオに入り前のクラスの先生等に挨拶をし、着替えてそして私も待ったりとした集団に紛れ一服。

やがてレッスンが始まり、今日はいつになく参加者が多くいつものスタジオが少々手狭ではありましたが、初めて会う生徒さんたちも多くなかなか刺激的なレッスンとなりました。

基礎トレーニングと、柔軟が終わりやがてコンビネーションへ、今踊っている曲は「オリジナルラブ」の曲だということを、レッスンが終わってから先生に教えてもらいました。感と鋭い人はわかると思いますが、先生は当然私より年下です。4つほど

ただこの曲が非常にコミカルで、表現力重視、テクニックはかなり誤魔化しが効くという代物。そうなるとダンスなのに役者の本領発揮で、コミカルに楽しく踊っていました。
しかし体力はやはり年並みで、レッスンを終えるころにはクタクタ。しかし若者たちは、レッスン終了後も自主トレで、一生懸命コンビネーションを復習していました。
待ったり組みそそくさとスタジオ外の階段に自然に集まりまた、煙にまみれる。そんな 緩やかなレッスンが毎週繰り広げられています。

最後に着替えるときに先生が一言「さすが役者!乗り乗りでしたね(^.^)」

楽しい一日でした。
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 00:36 | - | trackbacks(0) | -
秋の気配
猛暑もやっっっとおさまり、朝夕は肌寒いくらいの陽気になった、と思ったら体調を崩してしまった。
先月からのどの調子があまりよろしくなく、しかも乾燥した日が続いていたので、注意してはいたのだがまたもやのどに来てしまった。先月の本番でのどをやられ(演技には影響なかった)が、その後の打ち上げでひどい思いをした。
それに匹敵する状態だ、つばを飲むだけで痛い…
その割には体はなんともなく普通に生活は出来る。なんとも厄介なものである。
寝込んでしまえば楽になるものを沿うも出来る状況では無いので、これ以上ひどくならないように気をつけよう。

自分で追い込んだのだが、最近やたらと忙しい。週に2日夜の時間が空く程度そのほかは何かしら、仕事やらレッスンやらで休む間も無い。好きでやっているのだから苦痛などは無いが、体が少しバテているようだ。

のんびり一人で映画でも見たいな
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 17:22 | - | trackbacks(0) | -
習い事
今日からタップダンスを習い始めた。
予てよりいずれは始めたいと思っていたことなのだが、やっと始めることができた。
何事にも事を始めるには資金が必要で、今回も始めるにあたりかなりの出費となったが、通常予算の半額以下で始めることができたので、これもやはり『時』だったのであろうか

なんにせよ初めてきちんと教わったタップは想像以上に難しくハードだが、体が慣れればそこそこまではいけそうだ。

これからまた楽しみがひとつ増えた
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 01:41 | - | trackbacks(0) | -
ミュージカル「POWER」終演
一昨日になるが、公演が終わった。
今回で9回目の公演となるHOT GENERATIONの定期公演
毎回のことながら、ここの公演でしか味わえないものがたくさんある。
何よりも変えがたいものが、純粋に伝えたいものを真っ直ぐに力いっぱい表現する。プロの現場を踏むほどに、忘れていってしまう表現することの楽しさ・そして厳しさ。
人に何かを伝えるためには途轍もないエネルギーが必要だ。
ステージ数が増えるとどうしても、体力をセーブしたり、初日とか楽日なんてものを、自分で勝手に意識して(無意識に)ブレーキをかけている。
たった一度切のステージ。
たった一度きりの出会い。
この瞬間に全力を振り絞り、すべてを出し切る。

いつからなのだろう・・・
計算して、自分の歩幅で歩き自分の器で物事を測る。そんなことが当たり前になってしまったのに。

がむしゃらで居たい
正直で居たい
純粋で居たい

怠けた自分を原点に戻してくれる。そんな集団です。
便宜上ボランティアなどという言葉を使ったりするが、とんでもない。
ボランティアを受けているのは自分自身だと痛感する。

そしてまた一歩前へ踏み出す力を貰った。
そして、走り出す。
命尽きるまで
| しゅーわ | 2004気まぐれ日記 | 00:50 | - | trackbacks(0) | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ